2020-06-03

パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点② 代償運動を起こさない

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストのときには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があります。 スポーツトレーナーがスポーツ現場にいる場合には、スポーツトレーナーがパートナーストレッチの方法や...
タイトルとURLをコピーしました