パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

首と腹筋のトレーニングの注意点

腹筋のトレーニングを実施する際に、手をどこにするかによって腹筋のトレーニングの負荷は変わります。 腹筋をトレーニングする際に、多くのアスリートは、頭の後ろに手を置いていますが、これには注意が必要です。 今回の記事では、腹筋のト...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

首のスタティックストレッチの注意点

猫背や肩こりを抱えているアスリートの皆さんの中にはストレッチのルーティンの1つとして、首をストレッチしている方も多くいらっしゃいます。 スタティックストレッチ中にはいくつかの注意点がありますが、今回の記事では、首のスタティックストレ...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

アスリートのセルフケアにはスタティックストレッチだけではなく、セルフ筋膜リリースも

コンディショニングを整えるためには、治療家の方や、セラピストの方、トレーナーの方などにマッサージなどの手技で身体を整えてもらうことも大切ですが、いつも誰かがいてくれて、やってくれる環境にいる方は少ないと思います。 自分自身で実施する...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

ウォーミングアップ中のダイナミックストレッチを実施するときに考慮する4つの項目

ウォーミングアップのためのストレッチは、身体を動かしながら実施するダイナミックストレッチが中心となります。 今回の記事では、ウォーミングアップ中にダイナミックストレッチを実施する際に、考慮した方がいい4つの項目について紹介したいと思...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

ふくらはぎの筋肉に対するスタティックストレッチは必ず2種類を実施

アスリートの方がふくらはぎにある筋肉をスタティックストレッチをする際には必ず2種類のストレッチを実施することが大切です。 スポーツ中の熱中症や夜に寝ているときに足がつってしまうのも、ほとんどがこのふくらはぎの筋肉のため、アスリートは...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点② 代償運動を起こさない

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストのときには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があります。 スポーツトレーナーがスポーツ現場にいる場合には、スポーツトレーナーがパートナーストレッチの方法や...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点① 痛みはやり過ぎ❕

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストの時などには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があるかと思います。 スポーツトレーナーなどスポーツ現場にいない場合には、指導者の方がパートナーストレッチを...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

通常の腕立て伏せの負荷が低いと感じるアスリートにお勧めな2つのエクササイズ

自重トレーニングの腕立て伏せをある程度の期間、実施しているアスリートの皆さんには、通常の腕立て伏せの負荷では物足りないと感じる方も多くいらっしゃいます。 回数を増やすことによって、トレーニング量を増やすことは可能ですが、より時間がか...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

速く走るために鍛える3つの力

速く走るためにどのようにトレーニングしていけばいいのか分からないというスポーツ選手も多いかと思います。 今回の記事では、スポーツ選手の足を速く走るようになるために鍛えている3つの力について説明します。 ランニングスピード=スト...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

腕立て伏せを正しいフォームでできないアスリートにお勧めな2つのエクササイズ

女性のアスリートの方やトレーニングに慣れていないアスリートの方の中には正しいフォームで腕立て伏せができないで困っている方も多くいらっしゃいます。 正しいフォームで腕立て伏せをしなければな、効果的なトレーニングはできません。 ま...
タイトルとURLをコピーしました