スポーツ選手に必要な分析: 競技・ポジション分析

スポーツ分析 アスリートリテラシー

オリンピックやパラリンピックなど国際大会に日本代表として出場するようなトップのスポーツ選手であれば、競技指導者以外の専門家によって競技やポジションなどを分析し、選手に必要なことを説明してもらえる環境があります。

しかし、このように専門家によって競技やポジションを分析し、説明してもらえる環境でスポーツに励むことができる選手は日本にはまだまだ多くありません。

今回の記事では、周りに専門家がいない状態で練習やトレーニングに励んでいる選手向けに、競技やポジションに関する分析について説明したいと思います。

競技・ポジション分析はパフォーマンス向上とケガ予防の大事なステップ

競技やポジションの分析は、スポーツのスキルや戦略を教えているコーチングスタッフだけのものと思われるかもしれません。

しかし、トレーニング指導者やメディカルスタッフなどの専門家もパフォーマンス向上のトレーニングやケガ予防のためのコンディショニング、そしてケガから早く復帰するためのリコンディショニングでスポーツ選手をサポートする上で必要な情報になります。

さらには、競技やポジションを分析する専門家の存在もいます。

このようなスポーツアナリストの方々には、

  • スポーツサイエンス
  • スポーツバイオメカニクス
  • スポーツ生理学
  • 統計学

などのバックグラウンドを持った研究者の方々がいらっしゃいます。

最近では、チームでこのようなスポーツアナリストの方を雇用したり、合宿時だけ帯同してもらったりなど、スポーツ現場に直接来て、活動されているシーンが多くあります。

競技・ポジション分析の項目

競技やポジションの分析で最初となる目的は、競技の特徴を明確に示すことになります。

この競技の特徴を生理学的、バイオメカニクス的、そして医学的に分析します。

これらをそれぞれ、

生理学的: 生理学的分析

バイオメカニクス的: 動作分析

医学的: 傷害分析

と呼んでいます。

具体的には、競技やポジション分析の項目には以下にリストアップすることができます。

もちろん、リストアップしたのは一部であり、他の多くの項目があります。

  • 筋力
  • 筋持久力
  • パワー
  • スピード&アジリティ
  • 有酸素性持久力
  • 動作パターン
  • 動作パターンに関与する筋肉
  • よく起こるケガの部位
  • よく起こるケガの種類

競技・ポジション分析のためのスポーツ医科学

競技・ポジション分析をした項目とパフォーマンスアップやケガの予防をどう繋げるかを理解するためには、少なくとも機能解剖学、バイオメカニクス、スポーツ生理学、そしてスポーツ医学などのスポーツ医科学の理解が必要です。

学校などでは、教科書に書いてある内容を暗記するだけだったかもしれませんが、スポーツ現場では暗記できていたとしても、その知識をスポーツ現場で応用できなければ意味がありません。

このブログの目的の1つは、スポーツ選手の方がスポーツ医科学の知識をそれぞれのスポーツ現場で応用できるように情報を発信することになります。

なるべく分かりやすく説明したいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました