アスリートに必要な知識: 3つの面

3つの面 アスリートリテラシー

アスリートがストレッチやトレーニングなどをする上で知っておいた方がいい知識の1つが3つの面です。

今回の記事では、3つの面について説明したいと思います。

3つの面とは何か?

スポーツや日常生活での動作は、複雑な動きになりますが、ヒトの動作は基本的に3つの面上で起こっています。

スポーツや日常生活での複雑な動きを分析したり、改善するためにはこの基本的な3つの面を理解して、1つずつにアプローチしながら組み立てていくことが必要になります。

この3つの面とは、1)矢状面、2) 前額面、そして3)水平面になります。

身体を左右に分ける矢状面(しじょうめん)

まず最初の面は、身体を左右に分ける矢状面になります。

これは、刀で前方もしくは後方から頭の上から身体を左右に分けるように切った面になります。

この矢状面上の動きは、基本的には前後に移動するために歩くときの動きになります。

前方に歩くために、膝を上げるために股関節を曲げ、膝も曲がった状態になります。

そして腕については、前方、そして後方に動いています。

身体を前後に分ける前額面(ぜんがくめん)

2つ目の身体の面は、身体を前後に分ける前額面です。

これは、刀で横から頭の上から下まで身体を前後に分けるように切った面になります。

この前額面上の動きは、基本的には左右に移動するために歩くときの動きになります。

横に歩くためには、脚を横に開く必要があります。

前額面上の動きは、腕や脚を横に開く動きになります。

身体を上下に分ける水平面(すいへいめん)

最後に3つ目の身体の面は、身体を上下に分ける水平面です。

これは、刀で人を床と水平になるように上下に分けるように切った面になります。

この動きは、矢状面や前額面のように人が動く動作ではなく、身体を捻る動作などで起こっています。

例えば、ゴルフや野球のスイングなど身体を回旋させる動作になります。

特に球技ではこの水平面の動きは重要視されています。

なぜアスリートは3つの面を知る必要があるのか?

ここまでこの記事を読んでいただいた方には身体の基本的な3つの面の違いを理解していただけたと思います。

最後になぜこの3つの面をアスリートは知っておく必要があるのか説明したいと思います。

基本的にトレーニングやストレッチなどは、1つの面で行い、そこから日常生活やスポーツでの実際の動きである複雑な動きになるように組み立てていくアプローチを利用しています。

スポーツ選手のパフォーマンスを向上させるようなトレーニングの場合には、スポーツのパフォーマンスであるスピードやパワーの向上するためにトレーニングでも3つの面を組み合わせた複雑な動きを含んだトレーニングを最終的には導入されています。

ただし、一方でストレッチに関しては、1つの筋肉に対しては同じストレッチを1年中実施していることが多く見られます。

もちろん、同じストレッチを実施し続けることに問題はありませんが、そのストレッチだけをするのはあまりお勧めではありません。

1つの筋肉でも1つの面だけで動くのではなく、複数の面で動いているため、ストレッチも様々な面の上で実施する必要があります。

このようにストレッチを複数の面で実施するためには、身体の3つの面を理解してストレッチの向きや角度などを変える必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました