パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

アスリートのセルフケアにはスタティックストレッチだけではなく、セルフ筋膜リリースも

コンディショニングを整えるためには、治療家の方や、セラピストの方、トレーナーの方などにマッサージなどの手技で身体を整えてもらうことも大切ですが、いつも誰かがいてくれて、やってくれる環境にいる方は少ないと思います。 自分自身で実施する...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

ウォーミングアップ中のダイナミックストレッチを実施するときに考慮する4つの項目

ウォーミングアップのためのストレッチは、身体を動かしながら実施するダイナミックストレッチが中心となります。 今回の記事では、ウォーミングアップ中にダイナミックストレッチを実施する際に、考慮した方がいい4つの項目について紹介したいと思...
ケガの予防/ 機能改善/身体の悩み

熱中症予防のための水分補給: 外出時の水分摂取量のチェック

気温と湿度が上がり、熱中症になってしまうリスクが高まる時期には、外出時の水分補給がとても重要です。 外出をしているときに、どれだけ水分を摂取しているかをメモすることは大変です。 今回の記事では、熱中症を予防するための水分補給と...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

ふくらはぎの筋肉に対するスタティックストレッチは必ず2種類を実施

アスリートの方がふくらはぎにある筋肉をスタティックストレッチをする際には必ず2種類のストレッチを実施することが大切です。 スポーツ中の熱中症や夜に寝ているときに足がつってしまうのも、ほとんどがこのふくらはぎの筋肉のため、アスリートは...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点② 代償運動を起こさない

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストのときには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があります。 スポーツトレーナーがスポーツ現場にいる場合には、スポーツトレーナーがパートナーストレッチの方法や...
ケガの予防/ 機能改善/身体の悩み

”口渇感は熱中症予防の指標にはなりません”

熱中症を予防するために水分補給が大切だというのは、ほとんどのアスリートに周知されているのではないでしょうか? アスリートの皆さんの中には、水分補給をするタイミングとして、喉が渇いたら水分補給すればいいと教えられたり、そう思っている方...
ケガの予防/ 機能改善/身体の悩み

スポーツ中の水分補給の量を把握して熱中症予防

日本の場合には、5月からスポーツ中に起こる熱中症が増え始めてしまいます。 スポーツ中の熱中症の予防には、暑さになれるように強度を徐々に上げていく対策や水分補給など様々な予防策があります。 今回の記事では、スポーツ中の水分補給の...
応急手当

暑い夏にスポーツをする前にスポーツ現場で必ず確認した方がいい3つの項目

暑い夏にスポーツを楽しむ前に安全にスポーツを楽しめるようにするために、アスリートの方にはいくつか必ず確認していただきたいことがあります。 今回は極限に3つに項目を絞り、暑い夏にスポーツをする前にスポーツ現場でアスリートに確認してほし...
アスリートリテラシー

プロスポーツ選手になるためにトレーニング指導を受けたい時のおススメの専門家の保有資格2選

プロスポーツ選手になりたいと考えているスポーツ選手には、自分でトレーニングに励むことも大切ではありますが、専門家からトレーニング指導を受けることがおススメです。 では、どんな専門家からトレーニング指導を受ければいいのか分からないとい...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点① 痛みはやり過ぎ❕

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストの時などには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があるかと思います。 スポーツトレーナーなどスポーツ現場にいない場合には、指導者の方がパートナーストレッチを...
タイトルとURLをコピーしました