スタティックストレッチ

パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

首のスタティックストレッチの注意点

猫背や肩こりを抱えているアスリートの皆さんの中にはストレッチのルーティンの1つとして、首をストレッチしている方も多くいらっしゃいます。 スタティックストレッチ中にはいくつかの注意点がありますが、今回の記事では、首のスタティックストレ...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

アスリートのセルフケアにはスタティックストレッチだけではなく、セルフ筋膜リリースも

コンディショニングを整えるためには、治療家の方や、セラピストの方、トレーナーの方などにマッサージなどの手技で身体を整えてもらうことも大切ですが、いつも誰かがいてくれて、やってくれる環境にいる方は少ないと思います。 自分自身で実施する...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

ふくらはぎの筋肉に対するスタティックストレッチは必ず2種類を実施

アスリートの方がふくらはぎにある筋肉をスタティックストレッチをする際には必ず2種類のストレッチを実施することが大切です。 スポーツ中の熱中症や夜に寝ているときに足がつってしまうのも、ほとんどがこのふくらはぎの筋肉のため、アスリートは...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点② 代償運動を起こさない

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストのときには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があります。 スポーツトレーナーがスポーツ現場にいる場合には、スポーツトレーナーがパートナーストレッチの方法や...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

パートナーストレッチをするときの注意点① 痛みはやり過ぎ❕

ウォーミングアップやクーリングダウン、またはアクティブレストの時などには、アスリート同士でパートナーストレッチを実施する場合があるかと思います。 スポーツトレーナーなどスポーツ現場にいない場合には、指導者の方がパートナーストレッチを...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

静的ストレッチは両方向へ伸ばすのがポイント

静的ストレッチをアスリートが効果的に実施する際にはいくつかのポイントがあります。 今回の記事では、静的ストレッチを効果的に実施するポイントの1つである、両方向へ伸ばすことについて説明したいと思います。 静的ストレッチは1つの方...
アスリートリテラシー

アスリートに必要な知識: 3つの面

アスリートがストレッチやトレーニングなどをする上で知っておいた方がいい知識の1つが3つの面です。 今回の記事では、3つの面について説明したいと思います。 3つの面とは何か? スポーツや日常生活での動作は、複雑な動きになり...
パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

運動後にはしっかりと筋肉の長さを戻すためにストレッチ

スポーツやトレーニングなどの運動をしたあとにクーリングダウンをしているアスリートは多くいらっしゃいます。 スポーツやトレーニングなどの運動によって短くなった筋肉をクーリングダウン中のストレッチで運動前の状態に戻すことが目的の1つです...
タイトルとURLをコピーしました