速く走るために鍛える3つの力

スプリント パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

速く走るためにどのようにトレーニングしていけばいいのか分からないというスポーツ選手も多いかと思います。

今回の記事では、スポーツ選手の足を速く走るようになるために鍛えている3つの力について説明します。

ランニングスピード=ストライドxピッチ

バイオメカニクスなどの教科書では、ランニングスピードを高めるためには、ストライドとピッチのいずれかを伸ばす必要があると言われています。

ストライド=1歩の距離(歩幅)

ピッチ=1秒間の歩数(回転数)

ただし、このストライドとピッチの関係はお互いに影響を及ぼし合う関係なので、2つのバランスを見ながらランニングスピードにどのような結果を生むかを確認する必要があります。

数年前までは、この式を利用して、

ストライドを高めるためのトレーニングが筋力に対するトレーニング

ピッチを高めるためのトレーニングが神経に対するトレーニング

ストライドとピッチのバランスを整えるトレーニングがスプリントトレーニング

と分けていましたが、あまりトレーニング指導している選手の反応は良くなかったので変えました。

ランニングスピード=体軸安定力x脚の回転力x地面を蹴る力

速く走るために鍛える3つの力として、

  • 体軸安定力
  • 脚の回転力
  • 地面を蹴る力

を上げ、トレーニングしている時には走っている時にいつ、どのように使っている筋肉のためにトレーニングしているかをよりイメージしやすくしました。

体軸安定力は、「ぶれない体幹力」と表現をしていましたが、体幹となると胴体の部分だけになってしまうので「体軸」という表現に変えています。

体軸=体の方向を示唆する上下、前後、または左右の軸に向かって伸びている直線の向き

脚の回転力では、水平方向への推進力のパワー源となり、加速と減速に利用され、ストライドを大きくしながらも、速く足が回転できるようにピッチにもプラスに働きます。

一方、地面を蹴る力は、床やグラウンドに対して垂直方向のパワー源となります。

この垂直方向のパワーは、脚の回転力と合わさる(合力)ことによって速く走ることが可能になります。

実際に走ってトレーニングすることによってこの地面を蹴る力と脚の回転力の合力を最適化することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました