通常の腕立て伏せの負荷が低いと感じるアスリートにお勧めな2つのエクササイズ

腕立て伏せの負荷を増進 パフォーマンスアップ/ 疲労回復(リカバリー)

自重トレーニングの腕立て伏せをある程度の期間、実施しているアスリートの皆さんには、通常の腕立て伏せの負荷では物足りないと感じる方も多くいらっしゃいます。

回数を増やすことによって、トレーニング量を増やすことは可能ですが、より時間がかかってしまうというデメリットもあります。

今回の記事では、自重トレーニングの腕立て伏せのバリエーションで、腕立て伏せの負荷を増やす2つのエクササイズを紹介したいと思います。

腕立て伏せの負荷を上げる2つのエクササイズ

自重トレーニングのエクササイズである腕立て伏せで、負荷を上げる2つのエクササイズとは、①片足を上げる腕立て伏せと②両足の位置を高くして腕立て伏せ(デクライン・プッシュアップ)です。

片足を上げる腕立て伏せ

片足を上げることによって、両手と片足の3点支持になるため、両手にかかる負荷を増すことができます。

また、3点支持になるため、より体幹でバランスを保つ必要があり、体幹への回旋のストレスを上げることができます。

バランスを取りながら、腰を反らないように注意して実施してください。

プッシュアップ(脚を上げる): Push Up with Elevated Leg
スポーツトレーナーx柔道整復師チャンネル

両足の位置を高くして腕立て伏せ(デクライン・プッシュアップ)

2つ目の腕立て伏せの負荷を上げるエクササイズは、デクライン・プッシュアップになります。

両足を椅子や机など床・両手より高い台などに置いて、両足の位置を高くして腕立て伏せを実施するようにしてください。

両足の位置を高くすることによって、両腕にかかる体重の割合を増やすことになり、負荷を上げることができます。

また、両腕にかかる体重の割合が増えることによって、バランスを両腕でよりコントロールする必要があります。

デクラインプッシュアップ(腕立て伏せ): Decline Push Up
スポーツトレーナーx柔道整復師チャンネル

コメント

タイトルとURLをコピーしました